即日融資で20万借りる方法とポイント

即日融資で20万借りる方法とポイント

即日で20万円借りるなら

一般的に融資を受けると聞くと、まずは銀行を思い浮かべる人が多いでしょう。事実、大手都市銀行から地方銀行まで数十万円単位で個人や事業主向けに融資を行っているところがほとんどで、法律に則った低い金利で借り入れを行うことも可能です。ただ、その分審査は非常に厳しく、しかも時間がかかってしまいがちというデメリットもあります。これまで借り入れ履歴がなく正社員で安定した収入がある人や時間に余裕のある人などは、こういったデメリットを考えても銀行系のキャッシングを行う方が良いでしょう。ただ、逆に収入が不安定な人や過去に借り入れを何度も行った経験のある人などは、銀行に借り入れを申し込んでも審査で断られてしまう可能性があるのであまり適しているとは言えません。

このような場合は、銀行系と比べて比較的審査が緩い民間の消費者金融を検討してみると良いでしょう。消費者金融と聞くと、恐ろしい取り立てや法外な利息などをイメージする人が多いでしょうが、近年では法整備も進んで規制がしっかりしているため、そういった悪質な金融業者は少なくなっています。逆にテレビでCMを流したり、有名タレントを起用して知名度や信頼度をアピールしている健全な消費者金融も増えているので、安心して利用することができます。しかも消費者金融の場合、一定の条件を満たしていれば即日融資が可能になっている業者も数多くあります。申し込みから最短30分で自分の口座にお金が振り込まれるサービスを提供しているところもあり、急遽現金が必要になってしまった場合などには大きな助けとなってくれます。

その日のうちに借りられる金額には業者によって様々に幅がありますが、3万円から50万円程度まで取り扱っているケースが多いです。50万円ともなるとやはりある程度審査が厳しくなりますが、20万円程度を借りるのであればそこまで審査や手続きも厳しくならずに済みます。ただ、安定した収入があることが前提となるので、無職や主婦、学生などはその日のうちに20万円を借りることができないケースもあるので注意しましょう。

逆に言えば、アルバイトや派遣社員などであっても、毎月安定した収入があれば借りることは可能です。もちろん借り入れを認めるか否かの審査ポイントは他にもありますが、収入面で弾かれることは少ないので安心してください。20万円をその日のうちに借りたい場合は、消費者金融系のカードローンを探すようにしましょう。

 

20万円程度なら無利息でも借りられる!

できるだけ早く20万円を借りるとなると、消費者金融の中からサービスを提供している業者を探すことになります。ここで注意したいのが、20万円程度であれば無利息で借りることができる業者が意外と多いということです。お金を借りれば利息が発生するのが当然のように思いますが、最近は利用者へのサービスの一環や、初めてその業者を利用する人を対象として無利息キャンペーンなどを行っているところも多くあります。20万円を借りた場合、業者によっても変わりますが1ヶ月で約3000円程度の利息が付くことになります。

1ヶ月以内など定められた期間内に返済すれば、こういった利息分を免除したり割引してくれるので、お得に借り入れを受けることができるのです。もしすぐに返済できる見込みがるのなら、このように無利息キャンペーンを行っている業者から借りれば、実質無利息で20万円を借りることができるので非常に便利です。また、借り入れを検討している人の中には、自分が勤務している会社に借り入れを知られてしまうとマズイと躊躇している人もいるでしょう。

職業柄、借り入れがばれると問題になってしまうことなどもあり、警戒されていますが20万円程度であれば会社に知られずに借りることも可能です。本来、借り入れの申し込みを行うと、審査の一環として消費者金融から勤務先へ在籍確認の電話が入るのが通例です。本当にその会社に勤めていて安定した収入があるのかどうか、事前に確認しておくことは返済してもらう消費者金融にとっても大切なことです。ほとんどの業者やカードローンでこの在籍確認が行われていますが、20万を借りる場合はインターネット上で全ての手続きや審査を完了し、勤務先への電話連絡も無しという業者が存在します。どうしても勤務先に知られたくないという人は、こういった特色を持つ業者を選ぶようにすると良いでしょう。

このように、即日20万円を借りることができる方法や業者というのは探せばいくらでも見つけることができます。単に方法を知るだけでなく、どの業者がどういったサービスを行っているのか、審査完了までの流れやスピード感はどうなっているのかなども事前に調べておき、ここぞという業者を厳選して申し込むようにしましょう。いくつもの業者に同時に申し込んでしまうと、信用情報に履歴が残って怪しまれ、審査が不利になってしまう可能性もあるので注意が必要です。